SGの調整

ギブソンSGのトラスロッド調整

こんにちは★SG好きくんですよ。

大枚はたいて買ったギブソンSG
…と言えど、ギターは生き物。
ネック反りなど、コンディションが悪くなることもあります。

なので、今日は、トラスロッド調整の方法を書いてみようかなと
思います。
(ネックやせでバリ(フレットが手にあたる)が出た場合は、
バリ取りお願いしまーすって
リペアに出しちゃった方がいいような気がします。
やすったりするので。)

必要なものは、トラスロッドカバーを開けるプラスのドライバーと、
六角レンチのみ。
(ここではSGについてのみ説明してます。
ほかのギターだと、合わない場合もあるので、
注意してください!)


準備はOKですか?

では、まず、ネックの状態を確認しましょう。

ネックの見方はせいぜい2種類くらいです。

・ボディを持ち上げて、エンドピン側から見る方法
・ボディをつま先に乗せて、ヘッド側から見る方法

私は、両方やります。w

ここで見るポイントは、
「弦とネックが平行かどうか」。


弦とネックが平行じゃなかったら、反ってます。


そして、ネックの反り方には3種類あります。

順反り…弦に対し、ネックが離れている箇所がある
逆反り…弦に対し、ネックが近づきすぎている箇所がある
ねじれ…弦に対し、ネックが離れてたり近づきすぎてたりする箇所がある

ねじれた場合は、、、
リペアに出してください。。。
これは、6弦の方が1弦よりも張力が強いために起こったりする現象ですが、
どうやって直すのか知りません。−−;
とりあえず、リペアです。
昔、リッケンバッカー持ってた時もねじれかけましたが、
すぐに店の先輩に調整してもらいました。^^;


★順反りの場合

まず、トラスロッドカバーを開けます。

そして、トラスロッドを少しずつ回します。
楽器屋時代の大先輩は、1/4ずつ(90度ずつ)回して
様子を見てごらんって教えてくれましたが、
私はビビリなので、45度ずつ回しています。

図は、ヘッド側から見たものです。

ねっく反り.gif


これが、トラスロッドを締める動作です。
私の場合、2回か3回でまっすぐになります。


★逆反りの場合

順反りの逆をやればOKです。
つまり、反時計回りにトラスロッドを緩めてあげます。
回し方も45度ずつで、順反りの場合と一緒です。
私の場合、逆反りはそんなに回さなくてもまっすぐになります。


お役に立てば幸いです★

日記

Gibson Robot Guitar SG Special LTD

こんにちは★SG好きくんですよ。


去年の春頃、渋谷のイケベさんに遊びに行った時に、
驚いたのが、「ロボットギター」。


目の覚めるような青い色のサンバースト的なレスポールで、
お?新しいカラーだな
と思ってよく見たら、、、


「ロボットギター?なんだそりゃ?」
(更に説明書きをよく読む)


「セルフチューニング機能?」


まさか、チューニング勝手にやってくれちゃうの?
うそーん!


果たして、そうでした。


ロボコップみたいな音で、チュイーンとか言って、
勝手にチューニングしてくれるんですよ!


もうとりあえず楽器好きなSG好きくん的には興奮です!興奮!
Gibsonさん、新技術だ〜〜〜っと。


でも、楽器屋で働いていた経験からすると、
日本人ってあんまりロボットギターのような楽器には
飛びつかないんです。


言い方変ですけど、
なんか外道的な扱いになるんですね。


特にギターなんて、できるだけアナログ感を求めたい、
っていう雰囲気がありまして…。


なので、こういうギターを買う人は、
かなりギターのうまい人とか、プロミュージシャンで、
まあ1本くらい持っておくか、っていう感じで買っていくんです。
そういう類のギターなんです。^^;


しかも、こういうギターって大体ルックスが…
なんか、微妙にサイバーチックなルックスになっていて…
(去年発売された録音機能付きエレアコ、オベーションのiDeaなんかもそうですね。)


でも、レスポールの青のサンバーストっていうんですかね、
あれは、実物みましたがかっこよかったですよ。


まあ、どちらにせよ、2本目、3本目のギターでないと、
買えないっていうのがありますね。


その点、アメリカ人は、こういうの好きな人多いみたいですね。


このチューニングシステムは、
ドイツのTronicalっていう会社のシステムです。


チューニングするための専用のP.U.が
それぞれの弦の音を感知して、
正しくチューニングしていくんです。


変則チューニングも自分で登録することができますね。

ギブソン公式サイトの動画はかっこいいです。


↑ぐちゃぐちゃの音が、
同時にきちんとチューニングされていく様子は、
ほえ〜〜〜となります。笑


で、このチューニングシステムが搭載されたSGが、
コレです。


変則チューニングというと、Ibanez使いの人が思い浮かぶので、
Ibanezとかに搭載した方がいいんじゃないのかなぁ。
でも、Ibanez行く人は7弦とか買っちゃうのかも知れないですね!

GibsonのSG

ギブソンSG使用ミュージシャン

こんにちは★SG好きくんです。
ご無沙汰しました。


この前の週末、川崎のラゾーナってところに
行ってきましたよ。


そこに、島村楽器が入ってるんですけど、
ギターの総数はそんなにないのに、
SGだけでも5本くらい置いてあって、
今、SG人気なのかな?ってちょっと思いました。
人気が出るのは、誰かミュージシャンが使ってるからだなって
思いました。


というわけで、SG使用のミュージシャンを
ウィキペディアに聞いてみましたよ。


以下、Wikipediaより抜粋----------------------


岡野昭仁(ポルノグラフィティ)
布谷吉崇(hare-brained unity)
一色徳保(つばき)
松本 俊(AJISAI)
藤井敬之(音速ライン)
西川進
カトウタロウ(BEAT CRUSADERS)
坂本慎太郎(ゆらゆら帝国)
土屋公平
ホリエアツシ(ストレイテナー)
和嶋慎治 (人間椅子)
田中和将(GRAPEVINE)
セイジ(ギターウルフ)
ライブではギターを壊してしまうためエピフォン社の廉価なライセンスモデルをよく使う。
ハヤシヒロユキ(POLYSICS)
招鬼(陰陽座)
氏原ワタル(DOES)
岸田繁(くるり)
YUJI OTA(GREAT ADVENTURE)
SUGA(dustbox)
健一(メリー)
五十嵐隆(Syrup16g)
中期に愛用。
猪狩翔一(tacica)
暴動(グループ魂)
八木さやか(Super Girl' juice)
ediee(jealkb)
岡本玲

--------------------------------------------


つばき、音速ライン、BEAT CRUSADERS
ゆらゆら帝国、ストレイテナー


…なるほど、バンドマンが好きそうなバンドが
使ってるわけですね。


ストレイテナーは、ライブに行ったことがあります。
SGでかっこよかったです。

GibsonのSG

ギブソン(Gibson)SG通になる講座(1)〜ヘッドインレイの違い〜

こんにちは★ギブソンSG好きです。


さて、今日はSGの代表的なモデルを
比較してみようと思います。
SG通への第一歩です。


今回はヘッドのインレイについて。


◆SGスタンダード


まずは、SGスタンダードのヘッドを見てみましょう。


ヘッドというのは、

sgstd_head.jpg


この部分ですね。


インレイっていうのは、
簡単に言うと「模様」のことです。


SGスタンダードの場合だと、
一番上に「Gibson」と斜めに入っていて、
真中に冠みたいな絵(これを「クラウンインレイ」といいます)、
そして、トラスロッドカバーに「SG」と入っていますね。


(ちなみにトラスロッドというのは、ネックの反りを調整するときに、
時計回りに締めたり、反時計回りに緩めたりするものです。
反っているときは締め、逆反りのときは緩めます。
この作業をする際に、トラスロッドカバーを外します。)




◆SG '61Reissue


では、次は、SG '61Reissueを見てみましょう。


sg_61reissue.jpg


スタンダードより少しヘッドが大きいです。
'61年発売当時のSGは少しヘッドが大きかったんですね。
それに対してボディが軽かったため、
「ヘッド落ち」なんていう現象が起きていたのです。


今では、小さく改良されているので、
さほど気にならないんです。
(人によりますが)


インレイは一番上にGibsonのロゴ、
そして、クラウンインレイ(冠みたいなやつですね)
トラスロッドカバーにはSGとは入っていません。
まだ「SG」としてモデル名が定着していなかったから
かもしれませんね。
レスポールSGと呼ばれていたくらいですから。。。



◆SGスペシャル


次は、SGスペシャルです。

sg_special_head.jpg

SGスペシャルもヘッドは小さめです。


SGスペシャルって、
スペシャルっていうくらいだから、高いのかと思いきや、
これが廉価版なんですね。
つまり、安いモデルなんです。


なので、クラウンインレイもなくて、
Gibsonというロゴもちょっとダウングレードしてますね。


◆SGアンガスヤングモデル


さてさて、テンションがあがってきました、
SGのアンガスヤングモデルのヘッドを見てみましょう!


sg_angusyoung.jpg


まずは、Gibsonのロゴ、
そしてなによりこのデビルインレイですね!


ライブで持ってたらかなり目立ちます。


さてさて、SG通講座いかがでしたか?
そんなの知ってるよ!
という方も、ついつい血が騒いでしまうのでは
ないでしょうか。^^


ではでは、お読みいただきありがとうございました★

ギター練習法

ギターの練習法ってどうしてますか?

ギターの練習法ってどうしてますか?


私は、譜面読むのが嫌いで、
耳コピして、抑える場所自分で決めて、
それで弾いたりしてます。


なにせ独学だったので…。orz


でも、最近ではネットでギター習えたりするんですね。


→ ネットでギター講座




無料体験があります。
おもしろいですね。


SG弾く人は、パワーコードと、あとは渋いソロって感じですかね。
渋いソロ、弾きたいなぁ。

GibsonのSG

ギブソンSG'61リイシュー

ギブソンSGの'61リイシューです。


なんで'61かっていうと、
SGが発売されたのが1961年だったからです。


その発売当時のモデルを再現したものが、
この、SG'61リイシューなんです。







特徴としては、パッと見で分かるのは、
ピックガードがスタンダードよりも小さいってことですね。
スモールガードと呼ばれるやつです。


61年の特徴としては、ボディの両脇のつんつんしたところが、
より鋭角なんですね。
だからかっこいいです。
もちろん好みですけどね^^;


◆ネック

マホガニー

◆指板

ローズウッド
フレット数22

◆ボディ

マホガニー

◆ピックアップ

2つとも'57 Classic humbuckers

つまみ 2ボリューム2トーン、3セレクトスイッチ

GibsonのSG

ギブソンのSG アンガス・ヤング・シグネチャーモデル

SGと言えばこの人!ってくらい、
SGユーザーとしても有名なアンガス・ヤング。


AC/DCの半ズボンの人ですね。



angusyoung01.jpg



アンガス・ヤング・シグネチャーSGは、
そのアンガスのSGを忠実に再現したモデルです。


デビル・デザインのヘッドや(これがかわいいんですよね!)
リラ刻印のヴィブローラー、
ピックアップは
フロントには'57 Classic、
リアにアンガス・シグネチャー・トレブル・ピックアップを搭載。

ハードケースもシグネチャー専用です。





◆ネック材
マホガニー
ヘッドにはデビルのデザインが!

◆指板
ローズウッド
フレット数22

◆ボディ
マホガニー

◆ピックアップ
フロント '57 Classic Humbucke
リア  Angus Signature Humbucker (Bridge)

ノブ 2トーン2ボリューム 3セレクトスイッチ


GibsonのSG

GibsonのSG3 スペック情報

ギブソンのSG-3は、
ゴールド仕上げのトリプル・ピックアップが特徴。
このゴールド仕上げは、好みがわかれますね。

ロータリー・セレクター・タイプの
ピックアップ・スイッチによって、
ブリッジ、
ブリッジ/ミドル、
ミドル、
ミドル/ネック、
ネック、
ブリッジ/ネックと、
6通りの音色を出すことができます。

様々なジャンルに適応するSG-3。
スペックを紹介しましょう。


ボディ材、ネック材:マホガニー
指板:ローズウッド
フレット数:22

ピックアップ
フロント:'57 Classic Gold
ミドル: '57 Classic Gold
リア: '57 Classic Plus Gold

つまみ
ボリュームとトーンが1つずつ。
ロータリー・セレクター・タイプのピックアップスイッチにより
6通りの音色作りが可能。


アマチュアバンドで使ってる人は
少ないので、持ってみると目立つかもしれませんね。

GibsonのSG

ギブソンSGスペシャルのスペック

こんにちは^^
SG好きくんです。


今日は、SGスペシャルについて
お話してみますね。







SGスペシャルは、ギブソンSGの中では
一番価格が低いモデルです。


エピフォンSGじゃなんだかカッコ悪いから、
ギブソンSGで一番安いのがほしい!
という人にはいいんじゃないでしょうか。



さて、こちらのスペックですが、、


◆ ボディ

SGスタンダードと同じ、マホガニーです。


[memo]マホガニーとは木の名前です。
ギターは木とピックアップ、そして、
エフェクターとアンプによって音が決まりますが、
そのうちの1つの要素が、このボディの木(材)です。
温かい、丸みのある音が特徴です。
中音域がよく出ます。
パワーコードでがんがん弾く人に向いてます。


◆ネック

ネックも、マホガニーです。

[memo]
指板がボディから突き出ているため、
ハイポジションでも弾きやすいのが特徴です。


◆指板

指板はローズウッドです。

[memo]
ローズウッドも、マホガニーと同じ、
暖かい地方で採れる木ですが、
マホガニーよりは音の輪郭がはっきりしています。

フレット数は22フレットです。
なので、高音をばりばり使うへヴィメタルを
やりたい人にはオススメしません。w


◆ピックガード
ラージガードと呼ばれる、大きいピックガードです。


◆ピックアップ

フロント 490R アルニコハムバッカー
リア   490T アルニコハムバッカー


◆コントロール

ボリューム、トーンがフロントとリア各2個ずつ
スイッチはフロント、ハーフ、リアの3切り替え。


こんな感じですかね。

色は、チェリーとエボニー(ブラック)、
あと、ナチュラルバースト(茶系)があります。

チェリー使ってる人が多いですかね。
見た目もかっこいいですからね。^^

まあ、色は結局、好みです。

GibsonのSG

GibsonのSGスタンダード(SGSTD)のスペック

こんにちは。SG好きくんです。


まず、Gibson SGスタンダードのスペックから
紹介していきましょう。






★ ボディ

ギブソンSGのボディは、

マホガニー

という木でできています。


[memo]
マホガニーとは、暖かい気候の地で採れる木で、
音も暖かく、太くなるのが特徴。
レスポールのボディのバックにも使われてます。


★ ネック

ネックもマホガニーです。

[memo]
楽器業界では、「マホ」と短縮して
呼んだりします。


★ 指板

指板はローズウッドです。

[memo]
ローズウッドはマホガニーと同様、
暖かい土地で採れる木ですが、
サウンドとしては、マホガニーより少し
輪郭のはっきりした音になります。


★ パーツ

ピックガードはラージガードと呼ばれる、
大きいものです。


★ ピックアップ

フロントピックアップ(ネックに近い方)は、490Rアルニコのハム
リアピックアップ(ネックから遠い方)は、498Tアルニコのハム

[memo]
ハムというのは、ハムバッカーの略です。


★ コントロール

フロント、リアそれぞれのボリュームつまみと、
フロント、リアそれぞれのトーンのつまみ

計4つのつまみ。

あと、フロント、ハーフ、リアの切り替えスイッチ。


ざっと、SGスタンダードのスペックはこんな
感じでしょうか。


あ、あともう1つの特徴としては、
ボディが軽めなので、
レスポールなどを弾き慣れていると、
ヘッドが下がる気がします。


知り合いは、SGでかなりかっこいい
ライブやってたのに、
(band apartと同じレーベルで、
売れかけましたが、惜しくも解散。)
ES335に変えてしまいました。

  1 2  次の10件>>


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。